かたすみでひっそりと・・・part2

アクセスカウンタ

zoom RSS 「広開土太王」(第21話〜38話)

<<   作成日時 : 2012/01/17 14:00   >>

面白い ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


兄の犠牲をもって太子になるタムドクですが、内外の敵に苦しめられます。
で、太子になると妹の犠牲が。。。。。

後燕の太子慕容宝とその部下プンバル、そして靺鞨族のソルドアンがタムドクの命を執拗にねらいますが、
一番手強いのが<内>の国相ケヨンス! 国益よりもタムドクを倒そうと。。。。。
苦しむタムドクなのですが。。。。。。

ケヨンスの娘ドヨン(オ・ジウン)と結婚するのですが。。。。。
ドヨンは父親がやったことを知って、罪人として生きると、タムドクのそばにいることを選ぶのですが。。。。。
タムドクはケヨンスを抑えようと、ドヨンをそばに置いておきたくて結婚をするのですが。。。。

絡み合った内外の敵、今回は新羅も加わってきます。
それぞれの思惑通りに進まず。。。。。。

やはり面白いです。
そして、イ・テゴン、もう少し力を入れないで台詞をしゃべって欲しいです。 力んだしゃべり方が観ていて気になります。 感情移入しづらいです。 監督の考えなんだと思いますが。。。。。爽やかさを感じないイ・テゴンでタムドクです。 残念です。
 
そんな中、<おっ>と惹きつけてくれたのがサガリョン(キム・チョルギ)でした。
ケヨンスが抱えていた、高句麗の武将の息子で、ワケがあって高句麗をうらんでいて、ケヨンスの命令でタムドクの命をねらうのですが、タムドクに父の意思を伝えられ、生まれ変わります。
いい感じで、ステキだな〜なんて思っています(^^ゞ。 楽しみが増えたという感じです(^^ゞ。

画像

                 サガリョン

画像

                        

今回も楽しんだ「広開土太王」ですが、まだ半分にもなっていません。
後半も期待しているのですが。。。。出来たら一気に観たいです。 続きが気になる展開です。


画像

 新羅の武将にチョン・ジェゴンが出てきてビックリ! 嬉しかったですが、出来たら高句麗の武将で出て欲しかったです(^^ゞ。

画像

キム・スンス演じるコ・ウンは相変わらずタムドクを助けますが、父ケヨンスは。。。。難しい位置に立たされます。

画像

            女性陣のシーンも増えました。


KBS 2011.6.4〜 全80話
演出:キム・ジョンソン
脚本:チョ・ミョンジュ/チャンギチャン 

キャスト:
イ・テゴン(タムドク:談徳:高句麗18代 故国壌王の次男:広開土太王:高句麗第19代王)
キム・スンス(コ・ウン:高雲:国相ケヨンスの息子:ヨンファの兄)
イム・ホ(モヨン・ボ:慕容宝:後燕皇帝モヨンスの息子であり皇太子)
オ・ジウン(コ・ドヨン:ケヨンスの娘:コ・ウンの妹)
イ・イネ(ヤギョン:コ・ム大将軍の末娘)
キム・ジョンファ(ソルチ:マルカル族の姫で女戦士:ソルドアンの妹:護衛武士)
チョ・アン(タムジュ:タムマンとタムドクの妹:高句麗の姫)
ホン・ギョンイン(ヨン・サルタ:高句麗最高の教育機関太学で文武を習ったエリート:ヨンドブの息子)
キム・ジンテ(コ・ム(高武):高句麗16代王 故国原王の弟:タムドクの叔父:高句麗の大将軍)
ナム・ソンジン(コ・チャン:高昌:コ・ムの次男:玄武城の府城主:高句麗の将軍)
イ・ウォンバル(モドゥヨン:コ・ム大将軍の部下:高句麗の将軍)
イム・デホ(モドゥル:コ・ム大将軍の部下:モドゥヨン将軍の弟)
コ・インボム(マス:コ・ムの腹心)
キム・ドンヒョン(モヨン・ス:慕容垂:後燕初代皇帝)
チョン・ホグン(プンバル:馮跋:後燕最高の戦略家:後の北燕第2代天王)
チェ・ドンジュン(ケ・ヨンス:ソノ(消奴)部の首長:高句麗の国相)
オ・ウクチョル(カラジ:消奴部の重要大臣:ケ・ヨンスの親戚)
イム・ビョンギ(ヨソイ:ケ・ヨンスの腹心:ヨムンの父)
パン・ソクチン(ヨン・ドブ:ヨン・サルタの父:タムドクの腹心:ソノ部の重要大臣)
ソン・ドンヒョク(ケピル:高句麗の忠臣)
チェ・サンフン(イヨン:イリョンの弟:高句麗の外交責任者)
チョン・テウ(タムマン:高句麗の第1王子:タムドクの兄)
ソン・ヨンテ(イリョン:ソタムドクの父:高句麗18代 故国壌王)
イ・ボヒ(コヤ:高句麗の王后:タムドクの母)
キム・ギュチョル(ソルドアン:マルカル族の戦士)
キム・ジョンヒョン(トルビス:高句麗の将師:タムドクの護衛武士)

ストーリー
高句麗王の次男タムドク(後の広開土太王)は王室と高句麗の平和のために王子のきらびやかな生活の代わりに将軍の道を選び遼東省の一介の将軍として生きる。一方、中原征服の野望を抱く後燕の皇帝モ・ヨンス(慕容垂)は 高句麗征伐を決心する。モ・ヨンスは息子モ・ヨンボ(慕容寶)を先発隊15万大軍の先鋒將にし、高句麗の西北方要衝地遼東省を攻撃する。商人に偽装し情報を伝えてくれた息子コウンの活躍のお陰で国相ケ・ヨンスは モ・ヨンスが出征するという事実を知り遼東省ゴム大将軍に北側からの邀撃を支持しタムドクはこれが嘘の情報ではないかと疑い自ら隠密に動き出す。
タクドクにどんな運命は。。。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
tosileoさんこんばんは(^-^)。やっぱり面白いドラマなんだ〜と記事を読み進めていたら...チョン・ジェゴンが出てる?うわ〜益々観たくなりました。キム・チョルゴssi。。。見かけた事のある俳優さんです!。力が入り過ぎてるイ・テゴン...ちょっと残念ですね(><)。王だから?!。今、休んでいた「黄金の魚」を再開して テゴンssiが復讐しはじめ ま〜目つきの悪いこと(^^;)。彼にはどうしても安らぎを求めてしまうので苦しいです
ミィ
2012/01/17 20:01
ミィさん、こんばんは(^−^)。はい、チョン・ジェゴンが出てきます。今までとまた違ったキャラのようです。この後も出てくるようで楽しみです。キム・チョルゴをご存知でしたか。さすがミィさんですね。また引っ掛かる人が出来て嬉しいです(^^ゞ。「黄金の魚」、復讐が始まりましたか。悪役も出来るイ・テゴンと思わせてくれますが、同情もさせてくれるようになりますし、ラストへは違った展開になるので大丈夫だと思います。ちょっとだけ我慢してみてください。それまでのイメージを壊していないと思います。壊しているのは「広開土太王」のような気がします(^^ゞ。が、これもまたイヤだと思いながらも、ドラマと一緒にイ・テゴンも楽しんでいます(^^ゞ。時々ステキなイ・テゴンになりますし、これまでの彼を感じさせてくれます(^・^)。
tosileo
2012/01/17 23:05
pX3nVc I truly appreciate this post.Really looking forward to read more. Awesome.
Bristol Airport Hote...
2012/04/19 22:19
CNBEjl Really enjoyed this article post. Awesome.
cheap bookmarking se...
2012/09/20 09:49
MsQlJQ I cannot thank you enough for the article.Really thank you! Great.
cheap seo services
2012/09/21 00:37
dWECSz I really liked your blog article.Thanks Again.
news and many more
2013/07/04 21:48
「広開土太王」(第21話〜38話) かたすみでひっそりと・・・part2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる