かたすみでひっそりと・・・part2

アクセスカウンタ

zoom RSS 「チュノ~推奴~」(ドラマ)

<<   作成日時 : 2012/01/20 20:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

画像


主役の三人、チャン・ヒョク、 オ・ジホ、 イ・ダヘがどちらかというと苦手で、評判はいいようだったのですが躊躇していました。
今、こちらで放送されていて、フッと目に入ったチャン・ヒョクが良かった! 彼の目に惹き付けられ、 観ることにしました(^^ゞ。
で、観たら、この主役の三人がいい! 特にオ・ジホ! 二枚目なのですが濃い感じが苦手で好きになれなかったのですが、こんなにステキでいい感じのオ・ジホは初めてだ!と思いました(^^ゞ。 ほかの出演作も観てみようかなと思います。

チャン・ヒョクは「明朗少女成功記」「日差しに向かって」「大望」「僕の彼女を紹介します」などけっこう観ているのですが、余り。。。。「日差しに向かって」の彼がいいかな〜と思うくらいだったのですが、「チュノ」の彼は<いい>と思いました。 強く惹きつけるものがあるチャン・ヒョクでした。

イ・ダヘは 「マイガール」「エデンの東」しか観ていませんが「エデンの東」の降板の件もありましたし、好きなタイプではなくて。。。。でも、ここでの彼女はピッタリ合った雰囲気で、声で、しゃべり方で〜という感じでした。 ほかの出演作品を観たいと思うより、<この彼女がいい!>という感じでした。

で、チェ将軍を演じていたハン・ジョンスも、今回悪役だったイ・ジョンヒョクもどちらかというと好きですし、そして鉄砲撃ちの名人で奴婢オッポクを演じていたコン・ヒョンジン、いつも味があっていいなと思います。
テハ(オ・ジホ)の部下ハンソムを演じたチョ・ジヌンも良かったです。純で一本気な感じが似合っていました。

そして、<愛>より<男の生き方>を描いているように思い、その中の<愛>が強く、深く、熱く、優しく、ステキに描かれていると思いました。それぞれの愛がとてもステキでした。
特にテハ(オ・ジホ)とヘウォン(イ・ダヘ)の愛が好きです。

出演者たちを楽しみながら楽しんだドラマでした。

で、特別出演でチェ・チョロとキム・ソンスが出ていたらしいのですが、全然気が付きませんでした。
次に観る機会があったら目を丸くして探したいと思います。
チェ・チョロは4話目で牢の頭領役で、キム・ソンスはオンニョンがテギルを見つける市場のシーンらしいので後半かなと思います。 
観る前に知っていたら〜と残念です。

画像

推奴の三人。 推奴とは逃げた奴婢を捕まえる人たちだそうで。。。。

画像


画像


画像


画像


画像

             この人もステキでした。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


KBS 2010.1.6〜3.25 (全24話) 
演出:クァク・チョンファン
脚本:チョン・ソンイル 
キャスト:
チャン・ヒョク(イ・デギル:推奴)
オ・ジホ(ソン・テハ:逃亡奴婢になった武将)
イ・ダヘ(キム・ヘウォン:オンニョン)
コン・ヒョンジン(オッポク)
イ・ジョンヒョク(ファン・チョルン)
ハン・ジョンス(チェ将軍)
キム・ジソク(ワンソン:推奴の行動隊長)
キム・ハウン(ソルファ)
ソン・ドンイル(チョン・ジホ:デギルのライバル)
イ・ハンウィ(オ捕校:デギルの依頼人)
アン・ギルガン(チャッキ)
チョ・ジヌン(クァク・ハンソム)
チョ・ソンイル(イ・グァンジェ)
イ・デロ(イム・ヨンホ:テホの師匠)
チェ・ドクムン(チョ・ソンビ)
チョ・ジェワン(キム・ソンファン:クンノム:ヘウォンの兄)
デニー・アン(ペッコ:ヘウォン家の護衛武士)
アン・スンフン(チェ司果:ヘウォンと結婚をしようとした両班)
ユン・ジミン(ユンジ:女刺客)
ミン・ジア(チョボク:オッポクの同志)
ユン・ギウォン(詐欺師:ウォン・ギユン)
キム・ウンス(イ・ギョンシク:左議政:チョルンの舅)
アン・ソクファン(パン・ファベク)
ユン・ムンシク(馬医)
チョ・ミリョン(居酒屋女将)
ユン・ジュヒ(居酒屋若女将)
キム・ガプス(仁祖:朝鮮第16代王)
カン・ソンミン(昭顯世子:仁祖の世子)
イ・イン(鳳林大君:後の朝鮮17代王孝宗)
キム・ジヌ(イ・ソッキョン:昭顯の息子)
ユン・ドンファン(ヨンゴルデ)
チュ・ダヨン(ウンシル)
キム・ヨンエ(モガビ:妓生の行首)
キム・ハユン(カンビン)
ソン・ジウン(チャン:妓生)
ハ・シウン(イ・ソニョン)
チョ・ヒボン(クッボン)
コ・ジュニ(ジェニ:妓生)
パク・キウン(あの方)
ユン・ジノ(パク・チョンス)
キム・ヨンオク(チョルンの母)
イ・ウォンジョン(ポクトン:訓練院奴婢)※特別出演
パク・ヒジン(町内の女)※特別出演
チェ・チョロ(監獄内のボス)※特別出演
イ・デヨン(ミョンアン僧侶)※特別出演
チョン・ホビン(シン将軍)※特別出演
キム・ソンス(平民)※特別出演

ストーリー
奴婢に転落した朝鮮最高の武将、奴婢を追う狩人の推奴、その2人を愛した女奴婢の歴史劇。
裕福な両班 の家に生まれたテギル(チャン・ヒョク)は召使で奴婢 <ヌヒ:奴隷> のオンニョン(イ・ダヘ)と密かに愛をはぐくんでいた。しかし、奴婢の身分に我慢できなくなったオンニョンの兄、クンノムが火を放ち、オンニョンを連れ逃亡する。

そして8年が経つ中、テギルはオンニョンを捜すうちに奴婢を追う推奴〈チュノ〉になっていた。一方、かつて朝鮮最高の武将と言われたテハ(オ・ジホ)は友人の裏切りにより奴婢に。そして、ある日、丙子胡乱の際に清国に人質として捕えられ苦労を共にした昭顕世子(第1王子)からの手紙が届く。それを見たテハは昭顕世子の息子ソッキョンを朝廷の陰謀から守るために逃亡奴婢となることを決意。テハはテギルに追われることになるが、同じく逃亡中のテギルの初恋の相手オンニョンはヘウォンと名を変え、テハと行動を共にすることになるのだが・・・

画像


画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
tosileoさん、こんにちは。
いつも楽しませて頂いています。

「推奴」配役が濃いなぁ、、と思いながら
見ていました。(昨年秋放送でした。)
私よりうちの相方が面白がってましたよ。
男性向きかなぁ・・

顔に入れ墨されたコ・ヒョンジンが
何故か印象的です。
名前を知らない若い役者さんにも
素敵な人がいました。

いわゆる時代劇とも違う
ちょっと変わった雰囲気でしたね。

チャンヒョクは役柄で好き嫌いが別れますが
このドラマでは割合にいいと感じました。
純な心みたいなものが出ていたと。

またお邪魔しますね。
tubana
2012/01/21 14:33
tubanaさん、こんばんは(^−^)。いつもいらして下さっているそうで有難うございます。
はい、配役濃いですね。男の世界だなと思いました。なので男性も充分楽しめるのかも。
コ・ヒョンジン、いいですね。印象に残る演技で役だったと思います。
はい、今までの歴史ものの韓ドラとは違いますね。私は本当は余り好きではない設定内容なのですが、とてもいい感じで観れたのですが、俳優さんたちの魅力と純な心が伝わってきたからかなと思います。
このドラマのチャン・ヒョクもいいですね。
はい、こんなところですが、また遊びにいらしてください(^・^)。
tosileo
2012/01/21 23:45
いやー、テハとテギルはやっぱかっこいいね.Good!!
ももクロ大ファン
2012/04/03 02:31
「チュノ~推奴~」(ドラマ) かたすみでひっそりと・・・part2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる