かたすみでひっそりと・・・part2

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ドキドキ My Love」(第61話〜最終話)

<<   作成日時 : 2012/02/07 14:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 11

画像


ドヒョン(ミンソク)はセルラーメモリー現象、元彼の愛と思いを知ったミンジュ(ホ・ヨンラン)は、家族の協力もあって乗り越えますが。。。。。。
ドヒョン(ミンソク)は彼女の立場を考えて父の反対のなか結婚を決意し。。。。。そこまでは良かったのですが。。。。。。。
結婚してから、特にドヒョン(ミンソク)の元妻の攻撃がなくなってからホームドラマになってしまって。。。。。。面白く観たのですが、ちょっと物足りませんでした。

でも、どちらかというと気持ちよく観れたドラマでした。
ミンソクは好青年でしたし、彼のお兄さんドジン役(パク・ヒョンジュン)もいい感じでしたし、
ミンジュ(ホ・ヨンラン)の弟カンサン(パク・チンス)もいい感じで、

ミンジュ(ホ・ヨンラン)の家族はやさしく温かく、この家族の女性たちは韓国ドラマでは珍しいキツイ性格ではなく観ていて気持ちがいいです。

ドヒョン(ミンソク)の家族はお父さんが厭きれるほどワンマンですが、お母さんがそのお父さんに仕えている感じなのですが、なかなかしっかりしていてその中で自分を出しています。これも観ていて気持ちが良かったです。
ワン執事もなかなか良かったですし。

ラブ・コメがホームドラマになっていましたが、それでもいいと思ったのは、そんな点からだったように思います。
楽しく観たからいいのですが(^^ゞ。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


KBS 2011.5.2〜11.4 (全135話) 
月〜金 09:20〜 
演出:パク・キホ
脚本:キム・ユニョン 

キャスト:
ホ・ヨンラン(キム・ミンジュ:放送局PD)
ミンソク(チョン・ドヒョン:放送局社長)
ウォン・ギジュン(ク・チャンホ:放送局の顧問弁護士)
チョ・ハラン(チャン・ジニ:ドヒョンの前妻)
イ・ジョンギル(キム・マンボク:ミンジュの父)
イム・イェジン(イ・オクスン:ミンジュの母:マンボクの妻)
キム・ヒョンギュン(イ・ドクス:オクスンの腹違いの弟)
パク・チンス(キム・カンサン:マンボクとオクスンの息子)
イ・ソユン(ワン・ミンミン:中国の下宿人)
チョン・ヨンスク(ヤン・エジャ:ドクスの母)
チェ・ヒウォン(キム・ハナ:ミンジュの娘)
イ・ヨンフ(チョン・デギル:放送局会長)
キム・ヨンラン(イム・ジンスク:デギルの妻)
パク・ヒョンジュン(チョン・ドジン::ドヒョンの兄放送局の副社長)
パク・ミンジョン(ウ・ヨンエ:ドジンの妻)
オム・ミヌ(チョン・シウ:ドジンとヨンエの息子)
キム・イルグォン(ワン執事:チョン会長家の執事)
イ・ダリョン(オ部長:放送局部長)
ペク・ポンギ(キム・ジュンソプ:放送局カメラマン)
コ・ジョンミン(ユ・マルヒ:放送局作家)
コン・ジョンファン(カン・ギフン:芸術家)
ナム・ムンチョル(ナム・ムンバル:作家)

ストーリー
死ぬほど愛していたギフンに捨てられたミンジュ(ホン・ヨンラン)はお腹の中にギフン(コン・ジョンファン)の子供を宿っていることを知り愕然とする。5年後、不倫カップルの後をがむしゃらに追う放送局のPDとして1人の子供の母として一生懸命生きているミンジュ! 今日も不倫カップルの取材がてらラブホテルの前に車を止めていたミンジュは、モテルから出て来たドヒョンと駐車問題でトラブルを起こし真っ昼間から外車に女を乗せているドヒョンに浮気者のレッテルを張ってしまう。ついてないと帰る途中、ミンジュに“その惨めな姿は何だ? 女だか男だか分からないな”と捨て台詞を残して去ってしまうドヒョン。頭にきたミンジュはドヒョンを捕まえようと追うのだが…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
携帯からなので、画像が小さくて良く観れないのが残念ですが、良さそうなドラマですね!出演者は知らない人が多いみたいです。かぼちゃの花の女性陣は元気な?人が多いのですが、このドラマは穏やかな女性陣なんですね(^_^)
たまねぎ
2012/02/18 11:16
たまねぎさん、こんにちは(^o^)/。
いいドラマだったと思います。で、はい、地味な出演者たちかもしれません。でも私は楽しく観ました
韓国ドラマでは少ない控えめな女性が多かったです。敵対するのも女性なので強い女性もいるのですが、敵役なので観易かったです(^^ゞ。気の強い女性はどちらかというと苦手です。なので韓ドラは好きなのですが、時として疲れます(^^ゞ。これだけ観てれば充分ですが(^^ゞ。
tosileo
2012/02/18 14:15
YHfcFf I loved your blog.Much thanks again. Will read on...
Bristol Airport Hote...
2012/04/19 18:36
LLwHP1 I really enjoy the post. Awesome.
Bristol Airport Hote...
2012/04/20 14:17
なにげなく見ていたらドンドン面白くなって、はまってしまいました。笑いあり、涙ありの終わりのないドラマを希望します。ミンソクの大ファンになること間違いなしです。
あおい
2012/05/24 13:41
あおいさん、こんにちは(^^)。コメント、有難うございます。
ドラマもミンソクも良かったですね。私もこのドラマでの彼、好きです。
tosileo
2012/05/26 08:13
That's an ingenious way of thinikng about it.
Kavi
2012/06/21 02:15
はじめまして。
ドキドキを検索していてこちらを拝見させていただきました。
わたしも、tosileoさんと同じく、激しいやり取りや陰湿な嫌がらせシーンが苦手なため、韓ドラは敬遠していたのですが、たまたま初回をチラ見して、あっさり系かなと見始め、嵌りました。
とにかく、ドヒョンのアッケラカンとした、ヒョ−ヒョ−とした底抜けの明るさに惹かれました。
途中、ドヒョンの父とジニの、お金や家柄、名誉、権力に対する欲、執着心のあまりのえげつなさに具合が悪くなり、視聴をやめました。
が、あとから皆さんのあらすじなどを拝見し、結局周りのすべての人の心を温かくやさしくして、最後自分たちにもすばらしい贈り物を与えられる。という遠大なドラマだったと感動しました。
すてきな紹介文をありがとうございました。
”華”煌めく
2012/08/20 21:51
”華”煌めくさん、こんばんは。はじめまして(^^)。
はい、ドヒョン、いい感じでよね。前向きですし、頼りがいもあります。
ドヒョンのお父さんはヒドイですが、観ているうちに可愛くも見えてきました。優しさと暖かさに勝るものはないというドラマでもあったのですね。爽やかさと、つらいことに負けないところが好きでした。
紹介文というほどのものではないですが、参考になったのであれば嬉しいです。こちらこそ有難うございました。
tosileo
2012/08/21 21:05
PfwmtV I truly appreciate this blog.Really thank you! Cool.
cheap seo services
2012/09/20 23:44
mnsdg2 Thank you ever so for you post.Really thank you! Keep writing.
news and many more
2013/07/05 01:26
「ドキドキ My Love」(第61話〜最終話) かたすみでひっそりと・・・part2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる