かたすみでひっそりと・・・part2

アクセスカウンタ

zoom RSS 「1969」<US盤>(CD)

<<   作成日時 : 2012/03/03 10:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

画像


アメリカでヒットしたという由紀さおりとピンク・マルティーニのコラボレーション・アルバム。
<アメリカでヒットしたという>ことで日本でも話題になっているようで。。。。。
1997年にトーマス・ローダーデールが中古レコード屋で偶然見つけた由紀さおりの『夜明けのスキャット』のジャケットのヴィジュアルが気に入り、そして彼女の透明感のある歌声に魅せられたことがきっかけで、ピンク・マルティーニのアルバムで共演し、そしてこのアルバムが作られたということです。
(私、このアルバムのジャケット好きです。)

はじめ、ピンク・マルティーニ? という感じで、<ピンク・マルティーニ>が何なのか知りませんでした^_^;。
トーマス・ローダーデールという名前も初めてでした。
しばらくして<トーマス・ローダーデール率いる12人編成のジャズ・オーケストラがピンク・マルティーニ>だと分かったのですが^_^;。

このアルバムは歌謡曲が主体ですが、「さらば夏の日」「パフ」「マシュ・ケ・ナダ」なども収録されており、
私はこの中で「さらば夏の日」がとても気に入ったのですが。。。この曲自体好きですし(映画のサントラ盤も持っています)、彼女の美しい声が何ともいいです。彼女が歌うこの「さらば夏の日」が欲しくて、このアルバムを買ったようなものです。(で、価格の安い方〜ということで米盤にしました(^^ゞ)

次にいいと思ったのは「パフ」で、次が「季節の足音」という<12>の曲です。彼女の新曲らしいです。

で、歌謡曲の方は、余りいい感じに思っていませんでした。 いつもはステキだと思う「夜明けのスキャット」でさえ、以前の方が良かったといましたし、ほかの収められている歌謡曲は私にはちょっと演歌っぽく、クサく聞こえていました。

でも、このアルバムを買って、全曲を通して聴くと、心地いい癒しの音楽に聞こえてきました。
それからどの曲を聴いてもそう思えました。
TVや動画サイトで一曲ずつ聴いていたときは買ったのを迷っていましたが、
買って通して聴いてからは、買って良かったと思っています。

2010年11月、PINK MARTINIが発売さしたアルバム“Joy To The World”に、日本語で「ホワイトクリスマス」を歌っています。これもなかなかいいです。このアルバムでの彼女の歌声も評判が良かったよです。
コンサートの映像がアップされていました。彼女が歌うのは後半ですが。。。。
White Christmas Yuki Saori with Pink Martini @ Town Hall 2011
http://www.youtube.com/watch?v=bhJ7OPSuVLU&feature=related

収録曲
1. Yuuzuki [Evening Moon]
2. Mayonaka No Bossa Nova [Midnight Bossa Nova]
3. Du Soleil Plein les Yeux [Eyes Full of Sun]
4. Puff, the Magic Dragon
5. Ii Janaino Shiawase Naraba [It's Okay If I'm Happy]
6. Blue Light Yokohama
7. Yoake No Scat [Melody for a New Dawn]
8. Mas Que Nada
9. Is That All There Is?
10. Watashi Mo Anata to Naite Ii? [Consolation]
11. Wasuretainoni [I Want to Forget You, But...]
12. Kismets No Ashioto [Footsteps of the Seasons]

ちなみに日本版は、
1. ブルー・ライト・ヨコハマ
2. 真夜中のボサ・ノバ
3. さらば夏の日
4. パフ
5. いいじゃないの幸せならば
6. 夕月
7. 夜明けのスキャット
8. マシュ・ケ・ナダ
9. イズ・ザット・オール・ゼア・イズ?
10. 私もあなたと泣いていい?
11. わすれたいのに
12. 季節の足音 (ボーナス・トラック)

どんな意味があるのか、順番が違います。何故?





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
tosileoさんこんばんは(^o^)。話題になってますよね!。偶然見つけたジャケット写真から この様な大ヒットになるとはスゴイですよね!。最初数千枚しか作らない予定だった...とTVで見ました。演歌っぽい仕上がりなのは やはり「夜明けのスキャット」が好きで その路線を求めたからでしょうか(^^;)。いずれにしても由紀さんは実力があるので アメリカでも認められたのだと思いますし 嬉しい事ですよね
ミィ
2012/03/03 22:34
ミィさん、こんばんは(^o^)/。はい、話題になっていますね。そうですか、はじめは数千枚の予定だったのですか、作る方も余り期待していなかったのですね^_^;。演歌っぽい感じはやはり余り好きではなく、唱歌などを歌っている声が好きなのですが、寝るときに聴くといい感じで聴けるのが何故か演歌っぽい感じの曲です(^^ゞ。心地良く眠りにつけたりします(^^)。低い声を使っているからかもしれませんが。何にしてもどういう曲でも歌える人なので凄いと思います。はい、嬉しいことですし、世界中に日本の歌の良さをより知ってもらえたらと思います。
tosileo
2012/03/03 23:32
この出会いって奇跡のようですが会うべくして会ったのだなぁ〜と。センスのある方達って惹かれあうんでしょうか?由紀さんは綺麗に年齢を重ねていらっしゃいますね。うらやましいです
kyon
2012/03/04 14:01
tosileoさん、こんばんは。

私は日本版を聴いています。
運転中に聴くことがほとんどですが
ちょっと癒される〜系かな、と思います。

声と発音がきれいですね。
選曲でかなり意見が違ったようですが
割合バランスとれてるように思いました。
tubana
2012/03/04 18:23
kyonさん、こんにちは(^o^)/。そうですね、偶然はないという言葉もあるので、会うべきして会ったのだと私も思います。そうですね、彼女は綺麗に年齢を重ねているように私も思います。ホントに羨ましい。。。私たちも頑張りましょうね(^^)。
tosileo
2012/03/04 19:53
tubanaさん、こんばんは(^o^)/。はい、癒し系ですね。私も心地良く聴きます。 彼女の声が好きで、買ったCDの枚数も私としては多いです。最近発音がきれいなことを改めて思いました。 選曲が違いましたか(^^)。そうですね、バランスいいと私も思います。が、私は「タ・ヤ・タン」も入れて欲しかったです(^^ゞ。
tosileo
2012/03/04 20:30
こんばんは〜。 私は偶然、テレビでライブの様子などを見ました。 アメリカでの反響本当に凄いですね。 声量も全く衰えてなくて … 日本の良い歌を沢山紹介して頂きたいですね(^-^)
みゆ
2012/03/06 03:21
みゆさん、おはようございます(^o^)/。ライヴの様子、私も観ました。はい、反響が大きかったようですね。はい、声量も衰えないですね。かえって低い声が出るようになっているように思います。はい、日本の歌が世界に知られていき、好きになってくれる人が増えるのは嬉しいですね。
tosileo
2012/03/06 06:32
Heck of a job there, it asobluetly helps me out.
Radhika
2012/09/09 04:15
「1969」<US盤>(CD)  かたすみでひっそりと・・・part2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる