「かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート」

画像


久し振りに観たニコラス・ツェー。良かったです!(^^)!。
この映画も良かったです♪。
余り期待しないで観たのですが、いい意味の<裏切り>で、面白かったです(^^)v。

まるで<コミック>のようなのですが、CG、ワイヤーもけっこう使っているのですが、
そこは香港映画!楽しませてくれていまし、アクションだけではなくストーリーがしっかりしていたので余計楽しめたと思います。

主演のドニー・イェン、苦手なのですが、ニコ見たさに観たのですが、
ニコ、アクション、頑張っていました。でも彼の魅力はちょっとした表情だと思っている私は、今回もそんなニコを楽しませてもらいました。ま、ニコの表情はどんな表情でも好きなのですが(^^ゞ。
ちょっとこの作品のニコは痩せているかな~と思いましたが、でも<いい感じ>は変わりませんでした。

でもドニー・イェンも痩せているように見えました。ひょっとしてメイクのせい?
スタイルも若作りしているように見えました(^_^)/~。
ちょっと違和感があったかな(^_-)-☆。

ショーン・ユーはちょっと違って見えました。<ショーン・ユー?だよね。。。>という感じでした。
ヘアーのせいかな?

リー・シャオラン って初めて観たのですが、ちょっとチャン・ツィイーに似ているかな~と思いました。

画像

                      リー・シャオラン

でも、ニコが出ていなかったら観なかったジャンルの作品です。
そして、一番楽しんだのは、やはりニコでした☆。

画像


画像


画像

                 そうなんです、とっても頑張っていました(^^)。

画像

でもこんなシーンもあって・・・楽しいシーンや<彼女>との優しいシーンもあったり~です。

画像

子供のころのドラゴンとタイガーの兄弟。この子供の頃のシーンが効果的だったと思いますし、好きでした。子役のドラゴンとタイガーも可愛かったです♪。

画像

  ニコ、カワイイ~!(^^)!。左からショーン・ユー、ドニー・イェン、ニコラス・ツェー

画像




製作年  2006年
製作国  香港
時間 94分
公式サイト kachikomi.gyao.jp/
公開日 2007-04-14~
作品名 かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート
作品名原題 DRAGON TIGER GATE
監督 ウィルソン・イップ

出演
ドニー・イエン
ニコラス・ツェー
ショーン・ユー
ドン・ジェ
リー・シャオラン

ストーリー
レストランでチンピラを懲らしめたタイガー・ウォンとその仲間たち。しかしチンピラは秘密結社・江湖の一味で、彼らはあっという間ギャングに囲まれてしまう。武術に自信があるタイガーは戦いを挑むが、一味のドラゴン・ウォンには敵わなかった。後日、再び江湖に襲われるタイガーたち。しかしなぜかドラゴンがタイガーたちを助けに入り、事なきを得る。その時タイガーは、生き別れた兄が身に着けていたペンダントを発見し…。

香港で35年以上にもわたって愛され続けているコミック「龍虎門」を原作にしたアクション映画。磨き上げた武術で悪の組織に立ち向かっていく男たちの姿を、生き別れた兄弟の絆と共に描いていく。
ドニー・イェン自身がアクション監督を務めたバトルでは、ニコラス・ツェーの足技、ショーン・ユーのヌンチャク、そしてドニー・イェンの掌打と、それぞれが異なる得意技で高速の組み手を披露。中でもニコラス・ツェーの足技は美しさがあり、見事です。
・・・でもドニー・イェンのラストのバトル・シーンは長い^^;。。。寝てしまった(^^ゞ。

画像


画像


画像