かたすみでひっそりと・・・part2

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ジャイアント」(第23話〜最終話)

<<   作成日時 : 2012/01/12 13:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


チュ・サンウク中心にこのドラマを観ていた私は、彼が可哀想で、気になりながらもなかなか続きを観れませんでしたが、今回ラストまで観ました。
22話までしか更新していなかったのですね^^;。 40話で視聴が止まり、今回は41話から60話まで観たのですが。。。。。

23話過ぎてからはミヌ(チュ・サンウク)とミジュ(ファン・ジョンウム)の恋が描かれていて、恋が始まったころのミヌ(チュ・サンウク)は、それまでのチュ・サンウクが演じてきた爽やかな青年と同じ感じでしたが、
それまでの価値観が変わったミヌ(チュ・サンウク)に父チョ・ピリョン(チョン・ボソク)が猛烈に反対し、傷付いていく二人です。
おまけにガンモたちにミヌの父親が仇だと聞かされ、ミヌ(チュ・サンウク)の前から姿を消したミジュで、
何も知らずに、ただ傷付き悲しむミヌが可哀想で。。。。。そこから観れなくなってしまいました。

今回はそんなミヌを演じているチュ・サンウクを何故かじっくり観ることが出来ました。
時間をおいたのも良かったと思いますし、「いばらの鳥」を先に観ることが出来たのも良かったと思います。
「いばらの鳥」でのチュ・サンウクに俳優らしいものを感じたのですが、
きっかけは「ジャイアント」?〜と思いました。けっこうな悪役で、でも優しさをときに感じさせ、ソンモ(ガンモの兄)との関係ではソンモを慕う姿が見られ、ミジュとの愛では何よりも大切な愛を貫こうとし、出来ない苦しさを演じて、複雑なミヌを魅力的に見せてくれていました。 ここでのチュ・サンウクは評判が良かったのが納得です。
この先も楽しみなチュ・サンウクです。

チュ・サンウクをラストまで中心に観ましたが、ほかはどうでもいいかと言えばそうでもなく、後半は早送りもせずに面白く観ました。

主役のガンモ(イ・ボムス)は復讐のためジョンヨン(パク・チニ)と別れますが、復讐のみに生きることはせずに、仲間と仕事を苦労しながら成功させていきます。

ジョンヨン(パク・チニ)は父と実の母とガンモの助けをかりながら一人立ちし、ガンモと手を組みます。

ガンモの兄ソンモ(パク・サンミン)は復讐のために敢然と闘いを挑んでいきますが、彼の人間性がみられ、温かい気持ちもさせてくれ、コミカルな面も見せてくれます。

私にはどうでもいいというか、可愛くないミジュはガンモやミヌから姿を消し、ミヌとの子を育てながら歌手として成功していきます。 ミヌを苦しめるミジュに同情の余地を持たない私ですが(^^ゞ、気持ちは変わらない二人です。

それぞれが前向きに生きていて、余り暗さを感じさせませんし、ストーリーの展開も楽しめ、観るのを躊躇していたのに、一番楽しんで観た後半でした。 ラストまで観てよかったです。 ホント、挫折しなくてよかったです(^^ゞ。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

     ミジュを見つけ、息子と会ったミヌですが。。。。。

画像


  ミジュには拒絶され、息子は父チョ・ピリョンの策略で。。。。

画像


画像
画像


画像


画像



SBS 2010.5.10〜12.7 (全60話) 
演出:ユ・インシク
脚本:チャン・ヨンチョル/チョン・ギョンスン 

キャスト:
イ・ボムス(イ・ガンモ:漢江建設創業者)
ナム・ジヒョン→パク・チニ(ファン・ジョンヨン:ファン・テソプの娘)
チュ・サンウク(チョ・ミヌ:チョ・ピリョンの息子)
キム・スヒョン→パク・サンミン(イ・ソンモ:ガンモの兄)
パク・ハヨン→ファン・ジョンウム(イ・ミジュ:ガンモの妹)
チョン・ボソク(チョ・ピリョン:ミヌの父)
イ・ドクファ(ファン・テソプ・ジョンヨンの父)
キム・ソヒョン(ユ・ギョンオク:ジョンヨンの生母)
イ・ムンシク(パク・ソテ:江漢建設技術理事)
ユ・ヒョングァン(ヨム・ジェス:テソプの運転手)
ハン・ギョンソン(イ・ボクチャ:ジェスの妻)
シン・スンファン(ヨム・シドク:ジェスの息子:ギョンジャの兄:ガンモの友人)
チェ・ハナ(ヨム・ギョンジャ:ジェスの娘:シドクの妹)
ソン・ギョンチョル(ナム・ヨンチュル:漢江建設現場所長)
イム・ジョンユン(ユン・ギフン新聞社記者)
ムン・ヒギョン(オ・ナムスク:テソプの妻)
キム・ジョンヒョン(ファン・ジョンシク:テソプの息子)
チャン・スングク(チュ・ヨングク:テソプの腹心)
イ・スンヒョン(ムン・ソンジュン:マンボ建設の顧問弁護士)
ホン・ヨジン(ヤン・ミョンジャ:ピリョンの妻:ミヌの母)
ユン・ヨンヒョン(ピリョンの部下)
ファン・テカ(ユ・チャンソン:ソンモの部下)

ストーリー
朴正煕政権下、1970年代の韓国。
この国は、のちに“漢江の奇跡”と呼ばれる高度成長時代を迎えようとしていた。

釜山に暮らすある親子は偶然金塊密輸計画を知ることになる。親子はそれを地元の軍保安部隊に届け出るが、野心家の保安部隊長は、密輸組織を逆手に取って国家の中央に入り込んでゆく。

もともと江南開発を手掛ける友人を頼ってソウルに移住を考えていた一家だったが、保安部隊長の謀略を知ってしまった父親は殺され、同じく現場に居合わせた長兄も命を追われる身となり、一家はソウルへの逃避行の間に、生き別れとなってしまう。

やがて再会を果たす兄妹。次男のガンモは建設業界にもぐりこみ、長兄はKCIAの諜報員に、妹はスターになり、ソウル江南地域の開発で政財界を牛耳ろうとする父親と仇への復讐を始める…。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは ジャイアントのチュサンゥクからここに来ました。このドラマは暴力シーンが多く余り熱心には見てないんですが。唯一彼だけが光ってますね。これからミジュと再会して、ちょっと面白くなりそうで明日から楽しみです。

オモニ
2012/03/12 20:26
オモニさん、こんばんは(^−^)。そうですね、暴力シーンが多いですね。それも一方的にやられるシーンが多く、私もイヤでした。ミジュと再会してからは、益々いろいろなチュ・ザンウクを観れると思います。チュ・サンウク、いいですよね。新作ドラマでは刑事役でしたっけ。楽しみです。こちらでも早く放送されるといいのですが。
tosileo
2012/03/12 23:02
今、毎日楽しみに観ています(-^〇^-)♪長いドラマだから…一瞬考えてしまいましたが。最終話まで頑張って観ますx
めめ
2013/01/15 08:29
めめさん、ようこそ(^−^)。
長いドラマですね。観ながらそう思いましたが、それなりに楽しく観たので言いかなとも思います(^^ゞ。
はい、ラストを観て下さい。やっとホッとしました(^^ゞ。
tosileo
2013/01/15 21:13
「ジャイアント」(第23話〜最終話)  かたすみでひっそりと・・・part2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる